Subscribe: follow us in feedly

2013年2月25日月曜日

支那ソバ かづ屋


支那ソバ かづ屋@目黒
ワンタンメン 950円

目黒二郎に向かう途中、たんたん亭系の中でも有名なかづ屋の前を通りまして
さっき検索したときになんでヒットしなかったんだよ!

目黒二郎とかづ屋、どっちに行く…?
迷ったら両方行けば良いさ!

営業時間の関係で先に目黒二郎に向かい、その後に戻ってきました
こちらは11時から夜中3時まで通し営業ですからね

16時前という中途半端な時間、先客1名のみでした
そのお客さんもすぐに退店したので貸切状態です

たんたん亭系ですからね、頼むのは当然ながらワンタンメン
上着を脱ぎながら着席する前に言葉が出てしまいました
いくら客とは言え、立ったまま注文だなんて無作法だな、と反省

着席して水を飲みながら待ちます
お客さんは僕だけですからね、ちょっと緊張しちゃいました
しかし二郎のコッテリを食べた後です
舌がバカになっていないか?と不安に思っていたところに着丼
なんと美しい麺相でしょう!
スープの中で麺が整列しています

まずはスープから
先程の不安は解消しました
澄んだスープ、アッサリしながらも鶏と煮干をしっかりと感じ取れます
あぁ…美味しい…
レンゲを持った左手がスープを何度も口に届けます

麺は細麺、支那そばらしい綺麗な麺ですね
啜る度にスープの香りを運んできて、そして鼻から抜けていきます

具は海苔、シナチク、チャーシュー1枚
たんたん亭と同じく焼豚、ちょっと薄いです
まぁワンタンメンですからチャーシューは飾り物だと思えば良いでしょう
燻製のような香り豊かな美味しいものなので特別な飾り物ですけどね

さて、期待のワンタン
なんと6個も入っていました
口に入れると他に何も考えられなくなるくらい美味い!
噛む度に肉が!肉が!肉が!
少しだけ生姜の効いた餡、だけどそれは肉の旨みを引き出すためなのでしょう
肉なのにプリプリってどういうことなのよ
そしてワンタンの皮、モチモチでありながらトロトロ
中の餡にキチンと火を通しながら皮をこの状態にし、なおかつ麺の茹で加減とも合わせて提供するって凄いことだと思うんですよ
一体どこまで計算して作っているのでしょうか…?

2杯目だというのに息付く間もなく完食
それでもレンゲを持った左手が止まりません
これが1杯目だったら丼を持って一気飲みですね
残念ながらお腹が苦しくて完飲できませんでした

たんたん亭系は本店のたんたん亭に続いて2軒目
やっぱり美味しいですねぇ
夜中までやってるけど、ここは飲んだ帰りとかには行きたくないですね
シラフの状態でキチンと味わいたいお店でした

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿