Subscribe: follow us in feedly

2013年2月15日金曜日

麺処 ほん田




麺処 ほん田@東十条
5周年記念限定 濃密中華蕎麦 900円

最近アチコチで耳にするほん田
ここの塩ラーメンは食べておかないと、と思って訪麺

小雨が降る中、12時50分ころ到着
店の外には5~6人の待ち
天気が悪いからでしょうか
かなりの行列を覚悟していたのですが

後ろに並ぶと店員さんに「先に食券を購入して下さい」と言われ、店内に入って食券を購入
すると、今日は5週年記念ということで限定麺のみの販売とのこと
事前にそんな情報を入手していなかったので、これはラッキーだったのかな?

食券を購入してから改めて外の椅子に座って待ちます
15分くらい待ったでしょうか
中に入るよう促され店内へ入り着席

座った席の目の前でチャーシューとエリンギを焼いています
この煙の凄いこと!
目がショボショボ…焼いてる店員さんはもっとショボショボでしょうけどね
作っている様子を見ていると、どうやらチャーシューを焼くために一度に提供できるのが3食分のようで、そのため回転が悪くなっているようでした

7~8分ほどで着丼
限定麺ですからね
手の込んだラーメンだということが一目で分かります

まずはスープから
当たり前ですが美味いです!
ラーメン屋でこんな味のスープは飲んだことがありません
が、どこかで味わったことがある
記憶を辿ると…
そうだ!インスタントのチャルメラだ!w
もちろん、インスタントのような化学調味料で舌がビリビリするものとは違います
あれを超美味しくした感じです
きっと他では出会うことはないでしょう

麺は九州ラーメンの様な断面の丸い細麺です
店員さんと他のお客さんとの会話からすると、普段の麺とは違うそうです
細いのにモチモチを感じられる麺でした

具はピンク色のチャーシュー、焼いたチャーシューとエリンギ、鶏団子、青ネギ、メンマ
このピンク色のチャーシューが噂の低温処理されたものなのでしょう
香り豊かでジューシー、抜群の美味さで口に入れると幸せになれますね
焼いたチャーシューは一口サイズですがかなり厚みがあり、脂身もすごい
鶏団子は…普通でしたw

半分ほど食べたくらいから、焼いたチャーシューから出てきた油でスープが超コッテリになります
アブラーな僕でもビックリするくらい
そして焦げもスープに溶け込んでいきます
チャーシュー自体は美味しいですが、油と焦げがスープの美味しさを半減させてしまうようで勿体無い気がしました
まぁそうは言っても完飲完食したんですけどねw

これだけの材料でラーメンを作ったら、900円では商売にならないでしょう
とても美味しかったです
早々に通常メニューを食べに再訪したいと思います

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿