Subscribe: follow us in feedly

2013年2月18日月曜日

かもめ食堂



新横浜ラーメン博物館 2軒目
かもめ食堂 気仙沼エビワンタンメン潮味 980円

2軒目はかもめ食堂です
ちばき屋の店主・千葉氏が気仙沼復興のため、閉店したかもめ食堂を再現しているそう
気仙沼の特産品であるサンマの香油を使っているとのことで、どんなラーメンなのか気になりますね

ここでも調理場がよく見えるカウンター席に案内されました
若いイケメン店員が2人、一生懸命作業しています
ラーメン博物館で修行して、いずれ地元に戻るのでしょうか?
こういう若い世代が美味しいラーメンを引き継いでいくんだなぁと思うと感慨深いですね

そんな様子を見ていたら着丼しました
まずはスープから
澄んだスープですが独特の味覚ですね
魚介類を漬け込んだタレを使っているそうで、塩7:醤油3みたいな感じ?
塩ラーメンですがかなりコクがあります
そしてうっすらと香る風味、これがサンマの香油でしょうか
ちょっと癖があるので好みが分かれそうです
最初からホワイトペッパーが少し入っていますね
味を引き立てるためだと思われます

麺は細い縮れ麺
カネジン食品のダンボールが調理場に山積みになっていました
このラーメン用に作られたものなのか分かりませんが、スープに合った美味しい麺でした

具はチャーシュー、シナチク、ネギ、海苔、ナルト、ワンタン
あれ?
パンフレットには半熟玉子が乗ってるんだけど…無いよ?
ワンタンメンだと半熟玉子は乗らないのか、それとも乗せ忘れたのか
ま、大人だからそんなことでいちいちピリピリしませんよ

ワンタンはエビのプリプリ感とタケノコのシャクっとした食感が楽しめます
が…ちょっと焦げたような苦味のようなものも
うーん、これはなんだろう?
そのためエビの風味は感じられなかったのが残念

癖があると言いつつも、僕はこういうスープが好きなのでついゴクゴクと
でもせっかく来たラー博、もう一軒行きたいのでスープは残してごちそうさま
復興を願って退店しました

以上、レポっす

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14.21 新横浜ラーメン博物館

0 コメント:

コメントを投稿