Subscribe: follow us in feedly

2013年2月15日金曜日

らあめんHAJIME


らあめんHAJIME@十条
特製牛塩らあめん 900円

ほん田の後に、燦燦斗に行って油そばを食べようと思っておりまして
東十条の駅の反対側にまわり店の前に行くと…シャッターが半分降りてます
中は電気がついてるし、人の気配もある
あれ?
スープ切れで終了!?
よく見ると、店に貼ってあった営業案内には昼間の時間が黒塗りされてました
ラーメン系のサイトを見たら、しばらくは昼営業を休止と書いてある
oh...チェックミスでした

そこですかさず近くのお店を検索
もう少し西に歩いた十条駅に、らあめんHAJIMEがあることを発見
ここはラーメンの業界最高権威・TRY認定 第13回ラーメン大賞で新人賞総合と新人賞しお部門の2冠に輝いたお店
その本の表紙を飾ったくらいですからね
行かないわけにはいきません

テクテクと10分くらい歩いて到着、店内へ
14時頃でしたので先客5名、空席があります
入口の券売機を見るとステーキのせ牛塩らあめんという肉好きにはたまらないメニューがあり、一瞬悩みましたが素直に特製牛塩らあめんをセレクト
食券を店員さんに渡して着席します

店内には大きな液晶テレビが
そういえば最近のラーメン屋さんにはテレビって置いてないよね
本郷功次郎氏が亡くなったニュースが流れていて、あぁそういえば最近見なかったなぁとか思いにふけっていたところで着丼

白くてかなり深底の丼です
格好良いロゴが目に飛び込みますね

まずはスープから
よくある牛骨ラーメンよりも牛の印象は弱いですが、出汁がよく出ていて薄さは感じません
とても良い飲み心地、美味しいですねぇ

麺は縮れた平打麺、まるで佐野ラーメンのよう
ほのかに甘みを感じるモチモチ麺、これは美味いなぁ!
麺をすするのが楽しくなります

具は半熟卵、穂先メンマ、チャーシュー、タマネギ、浅葱
半熟卵は黄身がジュレのようになっていて、一体どうやって作ったんだろう?
穂先メンマはどれも10cm以上の長さ、味は薄めなので邪魔をすることありません
チャーシューは5枚、見た目はベーコン、スモーキーな味わいが良いですね
タマネギは2cm角の正方形、天ぷらになっているんでしょうか、衣をまとって揚げてあります

美味しい美味しいと思っていたらあっという間に完食
深底丼なのでレンゲを使うのが面倒、最後は丼を持ってゴクゴクと完飲
連食だったことも忘れてしまう勢いで食べ終えてしまいました

最初に食べようと思っていたステーキのせ牛塩らあめん、他にも醤油や鶏スープも食べてみたいのでまた来よう
本店のらあめん元は行こうとすると近くの◯郎に行ってしまうので近寄れないしw

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿