Subscribe: follow us in feedly

2013年3月2日土曜日

めん徳 二代目つじ田 神田御茶ノ水店




めん徳 二代目つじ田 神田御茶ノ水店@淡路町
二代目つけ麺 980円

井関屋で食べ終えて駅に向かう途中
つじ田の前を通ると空席が
普段は行列できてますが、土曜日の夕方はやはりこちらも空いてます
味噌の章、井関屋、と食べたのだから、本家も食べておかないとダメでしょう?ということで訪麺

店の外にある券売機で二代目つけ麺の食券を購入して店内へ
つけまで目元のボリュームが凄いお姉さんに食券を渡して着席
店内は6割くらいの入り

こちらは厨房内が良く見えます
店員はみんなねじり鉢巻
やはり威勢が良いですね

よくよく見ると、大きな角パンにお湯が入っていて、そこにお椀が浮いてます
つけ汁が冷めないようにお椀を温めているんですね
こんな工夫もしているんだなぁ

10分弱で着丼
店員からの説明が
「3分の1ほど食べたら、すだちを絞って麺にかけてください」
とのこと
カウンターのところに貼ってある掲示物にも同じことが書いてありました
さらに3分の1食べたら黒七味を麺にかけてくださいとも
初めてのお店なのでその通りに食べてみることにします

麺は角断面のストレート太麺
透き通りそうな綺麗な麺です
麺の上にはすだち、海苔
加水率高めのようでプリッとした食感
まずは何もかけずにつけ汁へ
ん…ヌルい(ーー゛)
お椀を温めてたのは何なの…?

つけ汁は少しドロッとした豚骨魚介系
魚粉は入ってなくて、豚骨と半々くらいの濃度ですかね?
一昔前なら濃厚と言うのかもしれませんが、いまはこれよりも濃厚なのを出すところがいっぱいありますので、そういうのと比べたらマイルドに感じます

中には小さく切ったチャーシューが多数、メンマ、半熟玉子
チャーシューは脂身少ないけど柔らかくて美味しいです
メンマは歯応えがしっかりしてますね
玉子は味付けと書いてあるけど普通の半熟玉子のような…ま、いっか

3分の1を食べたとこで麺の上ですだちを絞って混ぜ混ぜ
ほほぅ、麺にすだちの香りが付いて爽やかに香ります
劇的な味変ではありませんが、これはアリだね

さらに3分の1で卓上の黒七味
京都で一子相伝で受け継がれた製法で作られている、と書かれていますが、それがどれだけ凄いことなのかは僕には分かりませんw
山椒などが入っていて再度味変
不味くはないのだけど、僕は無くても良いかな…

麺量は200gくらいでしょうか
普通の男性なら十分な量だと思います
僕は小食なのでかなりお腹いっぱいになりました
あ、2軒目だからか…

スープ割をお願いしてレンゲで飲む
うーん、黒七味によって雑味が
次回は入れないようにしよう
それでも完飲してしまいましたけどね

つけ汁がヌルかったり、黒七味の必要性が感じられなかったり、というのはありましたが、それでも全体的に見ればハイレベルなつけ麺だと思いました
普段は行列ができてるのも納得
あと100円安ければ良いのだけど…場所代かな?
つけ麺が有名だけど、ラーメンの方が美味しいような気がする
ま、また来るだろうからその辺りは次回に持ち越しですね

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿