Subscribe: follow us in feedly

2013年4月2日火曜日

チャーシューワンタンメン(ラーメン大至@湯島)





ラーメン大至@湯島
チャーシューワンタンメン

明太クリームつけ麺を食べ終えて
こんな変わり種のつけ麺を出す店だけど
じゃあなんでラーメンデータベースで90点以上の高評価なの?
http://ramendb.supleks.jp/s/12163.html
それは普通のラーメンが美味しいからでしょう
そしたら普通のラーメンも食べてみたい…

しかしここで注文したら、店員やまわりのお客さんに奇異な目で見られるかもしれない
ちょっとハズカシイ…

そんな僕の背中を押したのは、隣に座っていたお客さん
(隣とは言っても間に席は空いていた)
この人、僕と同じ明太クリームつけ麺を注文したのだけど、着丼するなりデジイチでパシャパシャと写真を撮りまくり
(店内ではシャッター音はオフにしようよ…)
きっと著名なラーメンブロガーさんなのでしょう
この人の前なら店内連食しても平気だ!と思いまして

「すいませーん!」
「はい」
「あのー…チャーシューワンタンメンを」
「え?あっ…追加、ですか…?」
お会計じゃないのかよ!?みたいな顔で見られた><
「あっ…じゃあ…こちら片付けますね…」
突き刺さる視線
耐えろ!耐えるんだ!
膝の上に手を置いておとなしく待つこと数分で着丼

まずはスープから
こ、これは…!?
僕が不動産屋で働き始めた20代前半、近くの蕎麦屋によく出前注文していたラーメン
そう、あの懐かしいラーメンだっ!
もちろん味は数段上
だけど根っこの部分では懐かしさを感じる…
(ちなみに、その蕎麦屋は冷やし中華を注文すると「うちは蕎麦屋だから中華は無い!」と言って冷やしラーメンを持ってくる…でも持ってくるのは冷やし中華w)

麺はつけ麺と同じく浅草開化楼、日清の傾奇者を使用
つけ麺よりも少し太め、縮れがあまり無いタイプ
少しモチっとした食感、美味いなぁ
ズズッといつまでも啜っていたくなる

チャーシューはロースとバラが2枚ずつ
フランス料理のコンフィと同様の作り方をしているそうで、これが激ウマ!
特にロースが絶品!
ピンク色で脂身の少なくて柔らかい
でも肉を食べているという感覚がヒシヒシと押し寄せてくる
これはヤバイね…

ワンタンは3つ
餡がパンパンに詰められていて、肉の柔らかさとタケノコのシャキシャキが素晴らしい

気付いたら2杯目なのにスープまで飲み干していて
恥ずかしかったけど食べて良かった…

卓上にあった解説には「目指したのは普通のラーメンの最高峰」
まさにザ・ラーメン!
普通のラーメンをこんな次元にまで持ち上げるのか、と感心しました

こんなに美味しいラーメンを出せるなら、変わり種のつけ麺なんて出さなくてもやっていけるだろう、と思ったりもしたけれど
まぁ素人の僕には考え及ばない何かがきっとあるんでしょうね

以上、レポっす


東京都文京区湯島2-1-2 佐藤ビル1F

0 コメント:

コメントを投稿