Subscribe: follow us in feedly

2013年5月17日金曜日

黒とんこつ + チャーシュー増し + 替玉(がむしゃら 東京中野店)










がむしゃら 東京中野店
黒とんこつ + チャーシュー増し + 替玉

関西では有名な無鉄砲
その東京中野店で、深夜1時から4時までというスゴい時間帯でやっているセカンドブランド「がむしゃら」
そんな時間の営業では普段は行くことなんてできません
が、14日から19日までは通常時間帯で営業するということを聞きまして
こりゃ行かなきゃダメでしょー!ということで慌てて訪麺

Googleマップでしらべると、池袋から江古田二丁目行きというバスが出てるじゃないですか
電車だと駅から歩くから面倒だと思ってたけどバスだと始発&終点、楽に行けますね

バスに20分ほど揺られて江古田二丁目バス停で降ります
バス停から歩いてすぐのとこに無鉄砲、開店10分前に到着しました

店先に灰皿があったので一服していると店員さんが「もう少しで開店ですので少々お待ちください」と
はい、ラーメンのためなら何分でも待ちますよ
11時に開店、待ってたのは僕だけでしたが、開店後にはお客さんが入ってきます
みんな営業時間がわかってるんですね

券売機はがむしゃら仕様になっていました
黒・白・茶があります
どれも食べたいですが、黒(マー油)をセレクト
チャーシュー増しと替玉の食券も購入しました

席に着いて食券を見せると麺の固さだけ聞かれました
無鉄砲のようにネギと脂の量は変えられないようです

店員は3名、接客担当、厨房担当、厨房担当をフォローする日本語が苦手な人
厨房担当の人は長い棒でデカい鍋を一生懸命かき混ぜてました
あの鍋でグツグツと豚骨を煮出しているのでしょう…あぁ早く食べたいっ!

5分ほどで着丼
茶色いスープが丼いっぱいに
そして黒いマー油がドバッとかかっています

まずはスープ、マー油がかかっていないところから
おぅ…濃厚でトロトロ!
でも臭いはそれほどでもなく、少し甘みが感じられつつも全然しつこくないですね
意外とスッキリ飲めます
次はマー油を混ぜて
男らしいガツンとしたスープに味変!
これまた美味い

麺は角断面で加水率低めの細麺
普段無鉄砲で出しているものより細いですね
パツパツでもボソボソでもなく、スープがネットリと絡んでスゴく美味い
舌にまとわり付く感じがヤバいです
最近この豚骨感にハマってるなぁ

具はネギとチャーシューのみ、至ってシンプル
チャーシューは薄切りのバラ肉で10枚くらい入ってたのかな?
柔らかすぎてすぐにちぎれてしまいます
麺を食べると細かいチャーシューがくっついてくるので一緒に食べる感じ

チャーシューをなるべく残しながら麺を7割食べたとこで替玉コール
細麺なのですぐに茹で上がります
替玉にも脂を投入するんですねw

お次は卓上のにんにくしょうゆ&紅生姜を投入
このにんにくしょうゆ、美味いんだよね~
混ぜ混ぜして口に入れると自然と笑みが
う、美味すぎる…
ペロッと食べ終えてしまいました
もう1玉食べようかと思ってたけど、意外と麺量多くてお腹いっぱいに
まぁ僕は少食ですからね、これで十分です

「ごちそうさまでした」
と挨拶して店を出ると、最初に声をかけてくれた店員が
「ありがとうございました、ぜひまたいらしてください」

僕も
「ありがとうございます」
と返事をしました
もちろんまた来ます!

お店を出ると「がむしゃら」の暖簾が店先にかかっていました
普段は夜中にしか見ることができない暖簾が明るい時間に見られるとは感慨深い

金曜土曜しかやってない赤とんこつ(トマト)を食べてみたい
豚骨とトマトの相性は良いからね~
やっぱり深夜にくるしかないかな?

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿