Subscribe: follow us in feedly

2013年8月2日金曜日

えび香る冷やし和え麺(麺場 浜虎@横浜)





神奈川遠征第3弾・5軒目は浜虎
店に着くと外待ち10名、さすが人気店ですね
並んでるときにスマホのバッテリーが切れて焦った…
慌てて充電、もし行列が無かったら撮影できなかったかもしれない
いつまでもスマホで写真撮ってたらダメね
そろそろラーメン撮る用のデジカメ用意しないとだなぁ

15分ほど待つと順番が来たので入店
スタンプラリーの冷やし麺のボタンはどれかな?と券売機を見たら
なんと新作の冷やし麺が用意されていました
事前にラーメンブロガーの情報はある程度確認していたのですが、この新作は情報がありませんでした
これは食べてみるしか無いですね!

食券を購入して店員さんに渡して席に着きます
あと、そのタイミングでスタンプカードも渡します
これでスタンプ10個、景品が貰えます
責任者らしい人が来て、サイズを聞かれました
たぶん履かないけどLサイズと伝え、無事にビーチサンダルとミニハンガー(ネクタイ用?)が貰えました!
交通費を含め1万円以上使ってビーサンかぁ…などと考えてはいけませんw
参加したことに意義があるのです(本当か!?)

さて、カウンターにお品書きのような用紙が敷かれました
今回の和え麺専用のもので、店員さんから「読んで待っててください」と
読んでみると、去年は失敗したけれど今年も果敢に挑戦して二年越しで完成させたえびの冷やしラーメン、と書いてあります
きっとかなりの力作なのでしょうね
期待して待ってると着丼しました

まずはおすすめの食べ方どおり混ぜないで麺だけ食べてみます
えび油でコーティングされた麺、えびの香りがブワッと広がります
よく冷やされた麺は油の影響でツルツルかと思ったらそうでもなく、少しモッチリ、でも歯応えや小麦感もあり美味しいです

麺の上には具が多数
鶏チャーシュー、味付玉子、ニンジン、キュウリ、大葉、ミョウガ、トマト、干し桜えび、底には鶏出汁のスープが少々
今度はよく混ぜていただきます
干し桜えびによって更にえび感アップ
そこに大葉やミョウガの香りが加わって、次から次へと香りの波が押し寄せてきます
鶏チャーシューは少し固めだけど肉質が良く、味付がシッカリしてて美味しいです
味付玉子は…要らないかな?
玉子も冷たいのでトロッとした黄身が舌にネットリしちゃう

干し桜えび自体に塩分があるので、後半はかなりしょっぱく感じます
そこでスダチを絞って味変
もともと柚子とかスダチなどの柑橘系をラーメンに合わせるのはあまり好きではないんですが
これは麺が冷たいからかサッパリしてとても合いますね
この味変のおかげで5軒目にもかかわらず無事完食しました

二年越しで完成させたということあってかなりクオリティの高い1杯でした
でももうちょっと伸びしろがあるような気もするんだよなぁ
美味しいが故にワガママなことを言いたくなってしまうw

来年もやるならもう一度食べてみたいですね
更なる進化に期待したい

以上、レポっす


神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-12-1 鶴屋町第2ビル1F

0 コメント:

コメントを投稿