Subscribe: follow us in feedly

2013年9月18日水曜日

豚入り+ 汁なし + 粉チーズ(ラーメン二郎 湘南藤沢店)




ラーメン二郎のメルマガを転載してるブログを見まして
僕はジロリアンではないのでメルマガを受信してませんが、たまにブログでメルマガの内容はチェックしています
で、藤沢店で汁なし復活&タマネギ無料という情報が
中本を食べた後でお腹がいっぱいだったけど仕方なく藤沢店へ

店に着くと、隣の待合室は空
店内の背後霊待ちが数人
すぐに券売機で食券を購入できる状態でした
中本を食べてから3時間しか経ってないので豚入りにはせずラーメンのボタンをポチッと
一緒に汁なしと粉チーズのボタンもポチッと
関内では何度か汁なしを食べてますが、藤沢店では初めてです

入口に1番近い席の人はスリバチで食べてました
きっとこういう人がジロリアン
でもおそらく店で用意しているスリバチの中で1番小さいやつ
1番大きいのは大の何倍も大きいスリバチ…一体何人分なんだろう?

ジロリアンに恐れおののきながら15分ほど待ったところで席が空いたので着席
並んでる途中で食券を見せていたので着席から3~4分くらいで
「ニンニク入れますか?」
「全部とタマネギ」
とコール、そして着丼
これが藤沢店の汁なしですね!

麺の上にはヤサイとフライドオニオン、そしてこの日無料の刻みタマネギ、追加した粉チーズ
中央部にはコールで増したアブラ、その上に卵黄
右手で箸、左手でレンゲ、両手を使って混ぜ混ぜします
ある程度混ざったところで実食

まずは豚から
1cmくらい厚みのある豚が2枚
しっかりした肉質ながらも柔らかい
粉チーズを付けて食べると天にも上りそうな美味さ
やっぱり藤沢店の豚は美味いなぁ

麺は二郎らしい平打麺、汁が無くても熱々です
関内店の汁なしと比べるとカネシがしっかり効いてる感じ
卵黄によるマイルド感はそれほど感じません
カネシと粉チーズの相性はやはりバツグンなのですが、ブラックペッパーが入ってないですね
卓上にはホワイトペッパーと唐辛子しか無い
関内店の汁なしのようなジャンク感はあまりありませんね

モヤシと刻みタマネギの2種類のシャクシャク食感、そしてフライドオニオンの香り
麺と一緒に食べるとたまらないですね~
これは汁なしならでは
スープが無いお陰で全てがダイレクトにやって来る

少食にもかかわらず、中本から3時間しか経っていないにもかかわらず
意外とペロリと食べ終えてしまいました
きっとスープが無いからだろうなぁ

どうしても関内店と比べてしまう藤沢店ですが
僕の中ではラーメンなら藤沢店、汁なしなら関内店、という区別ができましたね
もちろん今回の藤沢店の汁なしも美味しかったんですけどね

何故か今月は二郎を4回も食べてしまっている
ジロリアンじゃないのになんでだろ?

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿