Subscribe: follow us in feedly

2013年9月19日木曜日

魚正油ラーメン(無鉄砲 東京中野店)





沼袋に用事がありまして
ま、沼袋に行くなら当然ながら無鉄砲に行きますよ
仕事をする前からソワソワと
で、無鉄砲のホームページを見て浮かれてたら
あれ?
魚正油ラーメン?
そんなメニューあったっけ?
豚骨モードが急転、このラーメンを食べてみるべく店に向かいました

池袋西武の前から江古田二丁目行きというバスがあるんですよね
沼袋駅から歩いて行くより楽チンです
終点の江古田二丁目バス停から徒歩数分、看板が見えてくると豚骨の匂いも近付いてくる
入店して券売機とニラメッコ
豚骨を押したくなる気持ちを抑え、魚正油ラーメンのボタンをポチッと
一緒に替玉もポチッと

席に着いて店員さんを待ちます
相変わらず丁寧な接客、先のお客さんの注文を処理してからコチラに来ました
食券を渡して
「ネギ多め、コッテリ」
で注文

ところで、なんで醤油じゃなくて正油なんだろう?
何か意図があってのネーミングなんだろうな…
などと考えていたら着丼

おっと、こちらのラーメンは白い丼なんですね
綺麗な背脂が表面を覆っていてスープも麺も見えません

まずはスープを1口
あぁ…
思わず声が出てしまいそうになるくらいの優しいスープ
ホームページの解説によると、大量の野菜と海の幸をたくさん使った出汁とんこつスープとのこと
これだけの背脂を纏っているにもかかわらず、そんなこと微塵にも感じさせない魚の出汁が効いたスープ
まるで風のようにサーッと体をすり抜けていくようです
ヘビーな豚骨ラーメン店がなんでこんなスープを作れるんだろう…

麺は中細の縮れタイプ
加水率高めで茹で加減は柔らかめ
このスープには豚骨の細麺は合わないですね

具はチャーシュー、シナチク、青ネギ、ナルト、海苔
チャーシューは4枚、持ちあげるのが難しいくらいのトロトロで、口に入れると溶けてしまいます
豚骨のものと同じですが、こちらのスープにも抜群に合いますね

麺を半分食べたところで替玉コール
チャーシューを2枚残して麺を完食し替玉を待ちます
到着したら麺を投入
そして卓上のニンニク醤油も投入
このニンニク醤油がたまらなく美味いんですよね
ところが!
豚骨のときはメチャクチャ美味いのに、魚正油のときは全然ダメ
このスープと合わさると生臭く感じてしまう…
それまでとても美味しく味わっていたのになんという悲劇
ニンニク醤油は豚骨専用ですね
消化試合のように麺を食べ終えて、スープは飲めずにごちそうさまとなりました

店員さんに挨拶して店を出ると、店員さんも店の外まで出てお見送り
お昼時で忙しいのに、でもそれがこの店のスタイル

次回、豚骨とどちらにするか悩むレベル
ニンニク醤油による味変さえ無ければかなりクオリティの高い1杯でした

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿