Subscribe: follow us in feedly

2013年10月2日水曜日

プレミアムスーラータンメン(中国ラーメン揚州商人 東池袋店)




東池袋に用事がありまして
駅に向かって歩いていると、揚州商人の前の立看板が目に入りました
左上に「500」と書いてある
何かのキャンペーンで500円なのかな?と近付いてみると…
スーラータンメンが500万食突破、という案内
見事に釣られました

が、よくよく見てみると、500万食突破記念でプレミアムスーラータンメンというのを発売しているとのこと
僕はスッパーですからね、酸っぱいものが大好き
当然ながら酸辣湯麺も大好き
プレミアムというからには物凄いものなのでしょう
この際ですからそのまま看板に釣られることにしました
1時間前に日高屋でラーメンと餃子を食べたことは忘れましょうw

入店して着席
食べるものは決まっていますがわざとらしくメニューなんか見ちゃって
で、一呼吸おいてからプレミアムスーラータンメンを注文
麺は細麺と刀切麺を選べる、と言うので刀切麺を
刀削麺ではなく刀切麺ですか
さすがに店で切ってるとは思いませんが、どうせなら雰囲気も一緒に味わいたい

そういえば揚州商人ってもう何年も入ってない気がする
昔は飲んだあと揚州商人に入って、餃子を食べながら紹興酒を飲むという暴飲暴食を繰り返していたっけ…
そんなことを思い出してたら着丼

黒酢を使っているからか、かなり濃い色をしてますね
まずはスープから
あぁ…
そのまま意識を失いそうになりましたよ
なんという深い味わい
黒酢の風味が鼻を抜け、舌の上では酸味、そしてその後から黒酢の甘味がやってくる
黒酢らしい独特な、でも普通の黒酢とは違う
甘味を感じられる黒酢なんてそうそうありませんよ
高級を謳うだけのことはありますね
そして溶き卵のフワッとした舌触り、最後にブラックペッパーの程良い辛味
こんな美味しいスープがチェーン店で出せるなんて驚きです

麺は刀切麺を選んだわけですが
かなり短く、そして太くて厚みもある
太さや厚さはまばらで統一感が無い
最初はちょっと固めの茹で加減だったのだけど
スープが美味しくてスープばかり飲んでたら段々とモチモチ食感に
ていうか、麺というよりも具のひとつになっちゃって、麺を食べてる感じがしなかった

具は牛肉、タケノコ、シイタケ、ネギ
牛肉は甘めの味付けで、表面にトロミがあります
きっと片栗粉でまぶして調理したのでしょう
牛肉本来の旨味も閉じ込めてあって半端ない美味さ

僕の駄舌では分からなかったんですが、おそらく生姜も入ってると思います
ブラックペッパーの辛味と生姜の効果で汗が止まらない
でもレンゲを持つ手も止まらなくて
かなり大きな丼でしたが半分以上は飲んでしまいました

穴の開いたレンゲを使って具を残すことなく完食
美味しすぎて食べ終えたときは放心状態になりました

お会計をして退店
1,180円は高いと言う人もいるかもしれませんが
これをそれなりの中華料理店で食べたら倍の値段はしますよ
はっきり言って安いと思います

これ、いつまでやってるんだろう?
あともう一回くらいは食べてみたいな…

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿