Subscribe: follow us in feedly

2014年2月18日火曜日

煮干しそば(煮干しそば 暁@大塚)






仕事を終えた20時過ぎ
池袋で働いていながら隣の大塚駅はあまり行かないので探索
行きたいリストに入れていた暁へ訪麺
メインの通りから1本入った路地裏店、こんなところにお店があるなんて

入店すると先客なし
着席してメニューを見ると、なんと「煮干そば」しかありません
サイドメニューはご飯だけ、後はビールがあるだけです
煮干そばだけで勝負してるんですねぇ

煮干そばを注文してしばし待ちます
茹で湯の上に角パンを浮かべ、その上にチャーシューを乗せて温めていました
僕1人のために丁寧なオペレーション
なんだか特別扱いを受けてるようでテンションが高まります
そんな様子を見ていたら着丼

まずはスープから
表面には煮干の銀粉がやや浮いてるのにエグミがない
カエシは弱め、煮干の出汁がしっかり効いてる
煮干の苦味・酸味が旨味に繋がっていてとても美味い
体にスーッと染みこむようで、日本人で良かったとしみじみ思うスープです

麺は細ストレート
そこそこの時間茹でてた気がするけどパッっとした歯応え
啜る度に鼻へ抜けていく煮干しの香りがたまりません

具はチャーシュー、刻みネギ、海苔
チャーシューはスープとは対照的にシッカリした味付け
肉厚でジューシー

あっという間に食べ終えて
スープも綺麗に飲み干しごちそうさま
煮干で有名な某店よりも僕はこちらの方が好みだなぁ

折角1人なので食べ終えた後に店主さんと話そうと思ったら
次のお客さんが入ってきたので断念
お会計をして退店しました

せめて肉増しや味玉のトッピングくらいはあっても良いと思うけど
でもそれをやらないところが店主さんのこだわりなのかもしれない
今度はビールを飲みながらラーメン談義をしてみたいな

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿