Subscribe: follow us in feedly

2015年4月22日水曜日

2015/4/22 中華そば(杭州飯店@​新潟県燕市 新潟遠征1軒目)





ついに来ました新潟!
新潟6大ラーメンを食べるぜ!
ということで
彌彦神社での参拝を終えた後は燕三条系の代名詞・杭州飯店からスタート

ナビ通りに進んで店の前に着き
車を停めるためにほぼ隣の駐車場へ
杭州飯店で食べるにはどこに停めたら良いのかな…
え、どこに停めても良いの!?
50台以上は停められる広い駐車場なのに???
杭州飯店恐るべし…

入店するとかなり広いキャパ
まぁあれだけ広い駐車場がありますしね
奥には座敷席も
こちらにどうぞ~とテーブル席に案内されます

メニューには中華そば以外に炒飯とかカレーライス、野菜炒めなどがあり
いわゆる街中の定食屋さんのような感じ
頼むのはもちろん中華そば

店内はお客さんがいっぱい
有名店だからというわけではなく地元の人たちがたくさん来ている様子
地元に根付いているお店なんだなぁ
注文が飛び交いますがササッと受けて料理もテキパキと運ばれて
こういう雰囲気…良いな~
待つこと数分で着丼

かなり大きな勘違いをしていたのですが
岩海苔は乗っていないんですね
燕三条系には必ず乗るものだと思っていました
どこが乗せ始めたのだろう?
後でチェックしなければ

まずはスープから
茶褐色のスープはかなりカエシが効いてしょっぱめ
関東の醤油とは明らかに違いますね
でもタップリ背脂のおかげで角が立っていないマイルドなしょっぱさ
背脂自体は甘くてマイウー
これはヤバイなぁ~

麺は極太平打麺
太いのは知っていましたがこんなに太いんですか!
うどん並みの太さです
やや柔らかめで口の中に吸いつくようなモニュモニュ食感
柔麺好きの僕にはたまらん美味さ

具はチャーシュー、シナチク、刻みタマネギ
チャーシューはパサでも柔でもなく見た目通り?
シナチクはややコリで味付け程々
刻みタマネギは湯通ししてなくて生のまんま
なので苦味があるけれどでもそれが良いアクセントになっています

あっという間に完食
スープを飲み干したい欲求をグッと堪えてごちそうさまでした

ひっきりなしにお客さんがきますが
店員さんはひとりひとりにちゃんと挨拶していました
老舗とか有名店とかのおごりは微塵にも感じられません
だからこそ地元に愛されているんでしょうね
いろんな意味で凄い店だと感動しながら店を後にしました

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿