白河手打中華そば 一番いちばん

2013年2月1日

%東京都町田市 50000 食レポ 50100 麺類




白河手打中華そば 一番いちばん@町田
特製中華そば 880円

今日は地元の町田に用事がありまして
地元にも関わらず、実は有名店にはほとんど行ってません…
進化、69'、基、胡心房、圓…
町田には行きたいお店がいろいろあるわけですが、僕が選んだのは一番いちばんです

こちらの店長は白河ラーメンの元祖、とら食堂出身
受け継いだであろう手打麺を是非とも食べてみたかったのです

店内に入るとほぼ満席
食券を購入して着席します
木目のゆったりしたカウンター、BGMは洋楽ロック、間接照明で少し暗い店内、もし夜だったらまるでバーのような雰囲気です

座った席はちょうど茹で釜の前
茹でる前に麺をしっかり揉みほぐし、釜で茹でます
平ザルでチャッチャと湯切りして丼へ
具を乗せて完成、着丼です

普通はスープからなのでしょうが、いきなり麺からいただきます
太さの不揃いな平打麺、手打ちの証でしょう
縮れているので鰹出汁の香りをよく持ち上げます
美味い!
プニッとした独特の食感、他のラーメンとは明らかに違います

そしてスープを
鰹の出汁がよく効いていて美味しいのですが…これがかなりしょっぱい!
なんというか、例えるならば雑煮の汁のような濃さ
麺を食べてる時にはそれほどでもないのだけど、スープだけを味わうと醤油が強すぎるんですよね
力強い麺に合わせるためなのでしょうか?

具はチャーシュー(豚2枚・鶏1枚)、シナチク、ワンタン3つ、青菜、ネギ、海苔、半熟卵
チャーシューは豚も鶏も柔らかくて美味しい
全体のバランスを崩さないよう控えめの味付け
ワンタンはかなり大きい
こちらも味付けは控えめです
半熟卵は黄身がトロットロで美味しかった

とら食堂に行ったことはもちろんないので比較はできないけれど
とら食堂を追い求めながらも新しいものを作り出そうとがんばっている若さ、そんな印象を感じる1杯でした

以上、レポっす