麺屋武蔵 武骨外伝

2013年2月27日

%東京都渋谷区 50000 食レポ 50100 麺類





麺屋武蔵 武骨外伝@渋谷
外伝つけそば 大盛 1,000円

桜新町に用事がありまして
田園都市線で渋谷に戻る途中にはいくつも寄りたい店があるのですが
16時過ぎという中途半端な時間帯、どこも営業していません
仕方なく渋谷に戻り、プラプラとしていると麺屋武蔵を発見
あ、こんなところにあったんだ
つけ麺気分じゃないけど良いか、ということで入店

入口すぐの券売機の前に立つ
外伝つけそばというのが一番人気らしい
その隣には濃厚外伝つけそば
普通ならどこの店でもたいていは「濃厚」を選ぶのだけど
濃厚か濃厚じゃないかで100円も違うのはどうなの?と思って、濃厚じゃない方の外伝つけそばをセレクト

着席して食券を渡すと無愛想な店員が
「麺の量はどうしますかー」
と聞いてくるので大盛で注文
同じ値段なら大盛の方が良いよね?
僕は大食いじゃなくて、貧乏性ゆえに大盛を選んだだけです
本当は小食なんですよ!

もう一人のやっぱり無愛想な店員がオペレーション
何かモゴモゴ言ってましたが、おそらく出来たことを伝えたのでしょう
食券を渡した店員が頷いて丼を持ってきました

平たい皿の様な丼に麺が入っています
その上には角煮が2つ、温玉が1つ、水菜がパラパラ
まずは角煮から
甘いけど少しだけ香辛料が入ってるようなタレがかかっています
柔らかくて美味しいですね
温泉タマゴをどうしたら良いか悩みましたが、とりあえず潰して麺と混ぜることにしました

つけ汁は鶏&魚介のスープとのこと
卓上には魚粉が置いてありますが、スープには入ってません
TETSUの鶏魚介のようなドロッとしたものではなく、サラッとしたつけ汁
感覚としては塩つけ麺のような味わい
これ、美味しいですねぇ
濃厚にしなくて正解
中には小さな細切れチャーシューが入ってましたがちょっと筋っぽくて歯に挟まった…

麺は丸い断面の中太麺
パスタのような感じ、コシがあって美味しいです
こういう麺、好きだなぁ

角煮のタレや温泉タマゴが無い素の麺とつけ汁の組み合わせはとても美味しいのだけど
タレと温泉タマゴを混ぜた麺はつけ汁に合いません
後でホームページで確認したら「つけ汁につけなくても、麺にかけられたタレと具材だけで麺を食べる事ができるという画期的な商品」とのこと
混ぜそばみたいな食べ方ができる、てことなんでしょうね
うーーーん、ちょっと違うような
せっかくの美味しいつけ汁をタレが殺してしまっている
次回また食べるときは角煮の乗ってない普通のつけそばを選んだ方が良いかも

麺を食べ終えてスープ割を頼んだら、小さいお椀を持ってきた
中には白濁したものが
かなりトロミがあり、まるで葛湯のよう
(写真撮り忘れました)
これだけ舐めてみたけど無味無臭
とりあえずつけ汁に入れて飲んでみたら…美味い!
サラサラだった汁がトロッとなって、さらに出汁の旨みが強調されるようで、とても飲みやすい
角煮のタレが混ざって無ければもっと美味しいと思うんだよなぁ…むぅ

麺、つけ汁、角煮、それぞれ単品ではとても美味しいものだっただけに、組み合わせ方が僕の好みには合わなかったのがちょっと残念
まぁ渋谷だし、若い人たちにはこういうガッツリしたものの方が好まれるのかもしれない

以上、レポっす