二代目げんこつ屋

2013年2月18日

%神奈川県横浜市港北区 50000 食レポ 50100 麺類



新横浜ラーメン博物館 3軒目
二代目げんこつ屋 塩わんたんめん 950円

高円寺の名店・げんこつ屋がラー博にて復活、とのこと
亡くなられた先代を息子さんが引き継ぎ、二代目げんこつ屋としてラー博だけで営業している
ここでしか食べられないんだから、お腹が苦しくても食べるしかないよね?

さっきと被るけど、塩わんたんめんをセレクト
ここでもカウンター席に座るが、調理場は高くなっていて中は見えない

壁にかかったテレビに店の紹介VTRが流れている
ここは注文を受けてから麺を切るとのこと
VTRでは讃岐うどん用の包丁切り機で切っていた
しばらく観ていたら着丼です

同じ塩でも先程のものとは別物
かなり白濁したスープです
まずはスープ
おーー美味い!
パンフレットによると、豚骨と鶏白湯、マグロ節、利尻昆布などを使っているらしい
豚骨が一番強いかな?
でも獣臭は皆無、絶妙な配合具合
さっきのかもめ食堂が若々しさだとすると、こっちは優しさ
お腹がいっぱいなのにスーッと入っていく

次はVTRで観た麺を
茹で上げたのに角が立ってる綺麗な麺
持ち上げると透き通りそうな半透明
食べてみるとムニュムニュとした柔らかい不思議な食感
なんなんだ、この麺は?
見た目はちょっとトコロテンみたいな、でも味は小麦の麺で、なんか頭が混乱しそうw
スズっと啜って食べるんじゃなくて、チュルチュルと吸い込む感じ
うーーーこれは言葉では説明しづらいわ…

ワンタンはプリプリ感はそれほどでもないけれど、海老の風味が良く、食べたときに口の中に肉汁がジュワーッと広がる
皮は麺とは違う柔らかさ(これも言葉では説明しづらい…)で何個でも食べたくなる

具材は刻みネギ&浅葱、海苔、チャーシュー1枚&端っこの余りみたいなのが少々、細いシナチク、煮玉子半分
写真ではわかりづらいけど刻みネギは結構入ってて、刻みタマネギとは違うシャク感が良い
卓上に置いて好きなだけ入れられるようにして欲しいなぁ

ここのスープはとにかく美味しくて、完飲とまではいかなくてもかなり飲んでしまった
1軒目だったらドンブリ盛って飲み干してしまっただろう

いくらラー博に来たからといって、1時間で3杯も食べたらお腹がタプタプですよw
でもとても満足できました

以上、レポっす

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B1F