石焼辛みそつけ麺(ら~麺の創造 つけ麺岡崎)

2013年10月7日

13116 東京都豊島区 50000 食レポ 50100 麺類




会社から一番近いラーメン屋、岡崎
(つけ麺専門店なのでラーメン屋と呼んで良いのか分かりませんが)
そこで10/4~10/7まで魔王フェスが開催されました
魔王というのはこの店で提供されている激辛つけ麺のこと
フェスということでこの期間は500円でした
ほぼ半額ですからね、貧乏な僕は知らない素振りで訪麺した次第

この店には何度も来てますが、辛いものは苦手なので当然ながら魔王はいままで食べたことありません
辛さ20(入門)~辛さ100(師範代)まで20刻みで5段階用意されています
ビビリの僕は
「魔王の一番辛くないやつで」
と注文したら
「辛みそつけ麺なら辛さ10ですよ」
と言われたのでそれにしました
メニューを見たら「ほんのり激辛」と書いてあるけど…日本語として変じゃない?

ていうか、魔王じゃないけど500円なのかな?
辛さ10でも相当辛いんじゃないのかな?
などと不安に感じていたら着丼

スープは石焼ビビンバのように熱せられた器に入っています
ブクブクしててまるで地獄の釜風呂のよう
僕は死んだらきっと地獄行き、こんな風呂に叩き込まれるんだろうな…

麺は太くてとてもみずみずしい綺麗な麺ですね
煮えたぎるスープに入れて恐る恐る食べ始めます
アチッ!
流石に熱いので麺と具を大量に入れて冷ましました
それでもまだ熱々ですけどね

赤味噌ベースのスープはさほど塩分高くなく、粘度もそれほどじゃないのに意外とプリプリ麺と絡みます
恐れていた辛さも少しピリッとするくらいでした
汗は出るものの、辛さによるものではなく熱さによるもの
某旨辛ラーメン日本一のラーメン店で修行してきた甲斐があり、とても美味しくいただけました
辛くても味噌ベースだとすんなり食べられますね

麺量は茹で後で300gくらいでしょうか
スルスルっと食べ終えてしまいました

スープ割りをお願いするとポットを持ってきてスープを注いでくれました
飲んでみると、注いでくれたのは鶏ガラでしょうか
薄まったのに味噌の味がハッキリしてとても飲み易い
綺麗に飲み干してごちそうさまでした

お会計をすると魔王じゃないのに500円でした
不安もすっきり解消、満足して退店しました

辛さに対してはだいぶ成長してきましたね
次回はこれをきっかけとして魔王に挑戦してみたいと思います

以上、レポっす