揚ポークめん(自家製麺SHIN@反町)

2013年10月20日

%神奈川県横浜市神奈川区 50000 食レポ 50100 麺類




ShiNaChiKu亭で食べた後
前回は店の場所だけチェックして入店しなかった自家製麺SHINへ
今年4月にオープンし、ラーメンブロガーの注目を集めているお店です

入店すると…ものすごい熱気!
外が雨で寒いから暖房入れてるの?というくらい暑い
いきなりメガネが曇ってしまいました

券売機でお目当ての揚ポークめんをポチッと
空席1つのみ、やはり流行っているようです
食券を渡して着席しました

店内には噂通りB'zが流れてますねw
女性の店主さんと女性の店員さん2人でテキパキと店を回してます
とても丁寧な接客も噂通り

揚ポークは作り置きかと思ったら揚げるところからスタート
なので15分くらいかかりましたかね?
「丼は熱いのでご注意くださいね!」
と声がけされて着丼しました

丼の半分以上を占める揚ポークがものすごいインパクト
まずはこちらから
表面は衣でサクサク、豚肉は柔らかくてジューシー
胡椒でしっかりと味付けされています
かなりのボリュームでこれだけでもお腹いっぱいになりそう

スープは鶏ガラ主体に豚骨を少々とのことですが豚骨というよりは鶏白湯っぽい
更にプラスして煮干の魚介系
店の外の案内書きには無化調を謳っています
しかしこれで無化調なの?というくらい旨味が強い
ていうか、ちょっと強すぎて若干クドいかも…
2軒目だからか?
それとも揚ポークの味付けがしっかりしてるからか…?

麺は中太ほぼストレート
フランスパン用の粉を使っているそうです
少し固めの茹で具合、噛み応えはプチッの手前くらいでコシがシッカリしています
噛み続けると甘みが出てきて美味しいです
看板に自家製麺と掲げるくらいだから相当の自信があるのでしょう

具は揚ポークの他にタケノコ、浅葱、柚子片、ナルト
魚介系にありがちな柚子片、僕は基本的に好きではないんですが
旨味過多なこのスープには清涼剤的な感じで良かったです

スープは美味しかったけど半分までしか飲めず
麺と具は気持ち良く全部食べ終えました

この麺だと気持ち柔らかめにした汁なしが美味しいんじゃないかな?
ということで次回は汁なしの担々麺を狙って訪麺したいと思います

以上、レポっす


神奈川県横浜市神奈川区反町1-3-8