ミックスワンタンメン(支那そば たなか@阿佐ケ谷)

2013年9月11日

%東京都杉並区 50000 食レポ 50100 麺類




威吹で食べた後、まだ時間に余裕があったので訪麺
旧・たんたん亭 阿佐ヶ谷店です

入店すると入口に一番近い席だけが空いてました
全部テーブル席、カウンター席はありません
女性店員さんに誘導され着席

一応メニューを確認
でもたんたん亭系ですからね、頼むのは当然ながらワンタンメン

店内は喫茶店のような雰囲気
テーブル席しか無いからですかね?
初老の奥様2人組が既に食べ終えてるのにずっと話し込んでいて
近所の方々の集いの場のよう

5~6分程で着丼
たんたん亭と同じ鮮やかな青い丼が目に飛び込んできます

まずはスープから
たんたん亭と比べると透明度は低いですね
動物系が強く主張します
力強さはあるものの繊細さは薄れてしまってますね
たんたん亭や八雲のような、体に染み渡るような味わいとは異なりますね

麺は細めでほぼストレート
丼の中で麺を整えられていないので見た目の美しさは一般的なラーメン屋と変わらず

具はチャーシュー、ワンタン、シナチク、ナルト、ほうれん草、ネギ、海苔
チャーシューはたんたん亭譲り、焼豚なのにシットリとした舌触り
2枚入ってて嬉しい
ワンタンはミックスなので肉と海老が2つずつ、皮がトゥルントゥルン、餡はプリプリ

スープはもちろん飲み干してごちそうさまでした
ワンタンとチャーシュー、そしてこの丼でたんたん亭系だと分かりますが
スープだけは別物のように感じました

店名を変えていますし、きっとたんたん亭とは違う方向性で歩んでるということなのでしょう
アットホームな雰囲気で、接客も良いし好感が持てました
本家より安いので気軽に食べられるのも良いところだと思います

以上、レポっす