Subscribe: follow us in feedly

2013年12月19日木曜日

玄瑛流ラーメン(麺劇場 玄瑛@薬院大通)





福岡遠征5軒目
天才と呼ばれる入江氏のお店
芸能人御用達のお店だそうで、テレビ等のメディアにも多数登場しています
食べログには200件以上のクチコミ
ラーメンデータベースにも100件近くのクチコミ
クチコミが多ければ良い店というわけでは無いけれど、店選びの目安にはなります

が、今回この店を選んだのは、東京で同じラーメンを食べるためには恵比寿のゲンエイワガン( 食べログ )で6,000円のコースを予約しなくてはいけないから
それが750円で食べられるなら行くでしょ、という単純な理由w

薬院大通駅から徒歩5分くらい
メインの通りからちょっと横道に入った住宅街の中にプレハブみたいな小屋
木製のドアには店名が
その前には「開演」という立札
とてもラーメン屋には見せませんね

中に入ると左に進むよう案内書き
その通りに進むと、店内は店名通り劇場になっていました
正面にあるキッチンが舞台
客席はひな壇になっていて、その舞台がよく見えるようになっています
ずいぶんと面白いことを考えるものですねぇ

さて、メニューを見るといろんなものが
こういうときは店名を冠しているものが一番手っ取り早い
ということで玄瑛流ラーメンを注文

目の前でオペレーションが実演されております
とは言っても普通のオペレーション
何かパフォーマンスするわけじゃないですからね
特に面白みはありませんw

5分くらいで着丼
なんでしょう、このヴィジュアルは
豚骨のはずなのに半透明のスープですよ
そしてものすごい泡

ではスープからいただきましょう
えっ…?
自分の舌を疑いました
だって豚骨の味も匂いも皆無
ていうか、魚介系の味…乾物のエビやホタテを使った出汁ですよ
メニューを改めて見直しました
もしかして海老のラーメンを頼んじゃったのかな?と
(海老薫醤油ラーメンというメニューもあるので)
だけどメニューに写っている玄瑛流ラーメンの写真と同じ
そしてそこには「とんこつラーメン」と書いてある
エビやホタテの文字は見当たらない
むぅ…なんなんだ、これは
味覚と思考回路が混乱してしまいました

気持ちを切り替えて改めてスープを飲みます
体に染み渡りそうな優しい味
豚骨という固定観念を持たなければとても美味しい
メニューにはマー油と書いてあるけど、スープ表面を覆うのは揚げニンニクを混ぜた油ですね
コッテリ感はほとんど感じません

麺は細いストレート
加水率が高そうなプリプリ麺
やや柔めで僕は好きなタイプですが、地元の人はどう思っているんだろう?

具はチャーシュー2枚、キクラゲ、白髪葱、海苔
チャーシューは味付け控えめ、シットリとした舌触りの良肉
白髪葱がこのスープと麺に良く合う
キクラゲはたくさんあるのにあまり存在感がなく、あっても無くても良いような

麺量少なめなのでサラッと食べ終えて
スープも完飲、ごちそうさまでした
底に骨粉が残ってましたが、最後まで豚骨という感じはありませんでしたね

お会計は750円、やはりメニューは間違えてなかった模様
ちょうど店内のお客さんがいなくなったので客席の写真をパチリ
とても不思議な空間でした

このラーメン、美味しかったけど地元の人は食べないだろうなぁ
替玉無いし、価格も高めだし
でも、このラーメンなら全然おかしな価格設定じゃないと思う
なんで福岡に店を出したんだろう?
なんだかいろいろと気になることがいっぱいでしたが
とりあえず美味しい1杯だったので満足はできました

以上、レポっす


福岡県福岡市中央区薬院2-16-3

2 コメント:

Mirror Miroir さんのコメント...

でも美味しかったから良かったですね。私も来月九州に行きます。初めてなのでタイムリーなレポでした。

Shintaro Uematsu さんのコメント...

Mirror Miroirさん
店主の入江氏は熊本で修行したようなので、博多ラーメンではなく熊本ラーメンがベースになってると思われます
まさかこんなラーメンが出てくるとは思わなかったのでビックリしました
九州は奥が深いですね
来月楽しんでください!

コメントを投稿