Subscribe: follow us in feedly

2013年6月25日火曜日

小ラーメン豚入り + 生卵 ヤサイマシマシニンニクアブラ(ラーメン二郎 桜台駅前店)



大阪に3日間も行っていて
帰ってきて翌日には社会復帰、休んだ分しっかり仕事をしなければなりません
が…どうにも調子が悪くって
こういうときはニンニク補給でしょ!ということで桜台二郎に

20時過ぎに到着
外待ち8人くらい
並んでる間に麺量聞かれたので小と伝えます
他の人たちは半数くらいが麺少なめ…

回転早く10分くらいで食券を購入できました
いつも通り小豚をポチッと

着席して10分くらいで
「ニンニクは?」
「ヤサイマシマシニンニクアブラ」
いつも通りのコールです
でも他の人たちはマシマシコールする人が皆無
大を頼む人もいないし、なんだかおとなしい感じ

そして着丼
キャベツ多めの山で嬉しい

丼からヤサイをこぼさないよう注意しながら豚を取り出す
先に豚を処理しないと後で苦しいからね
全部で6~7個は入ってたかな?
すべて厚みがあって大きいサイズ、一口では絶対に食べられないw
脂身の多い豚と、ちょっとパサ気味の豚が半々
パサ気味のが口の中の水分を持ってくし、咀嚼回数を増やすし、かなり厳しい戦いになりそうな予感…

ニンニク補給に来たわけだけど
今日のニンニクは刻みが粗め、そして辛め
ちょっと刺々しい感じだけどそれがまた美味い

麺は二郎標準の平打ち太麺、柔らかいけどデロではないくらい
かなりカネシを吸っててカラメにしてないのに濃く感じた
麺量はかなりヘビー級、余裕で300gはあるでしょうね

スープはかなり乳化してて
でもカネシを強く感じる良スープ
追加したトロトロアブラがプカプカ浮いてます

豚を先に処理したとはいえ、僕は少食ですからやはり後半はキツくなる
そこで生卵の登場!
卵をお椀に入れて黄身を溶く
そこに麺を投入、すき焼きのようにして食べる
味変効果もあるし、もちろん美味しいし
かなり苦しかったけどどうにか完食
桜台はレンゲが無いので丼から直接スープを2口ほど飲んでごちそうさまでした
無事にニンニク補給できたのでこれでまた明日から頑張れます

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿