Subscribe: follow us in feedly

2013年7月23日火曜日

行け!!袋茸のつけ麺(ら~麺の創造 つけ麺岡崎@池袋)




相変わらずの社内事務処理
パソコンとニラメッコは性に合わないけど仕方ない
午後に同僚が出掛けると言うので早めに昼食タイム
会社から一番近い岡崎に入店

前にもレポしましたが
ここは昼間はつけ麺専門店、夜はスナックという二毛作営業
席は全てソファー、不思議な店内です

ラーメンバンクの山手線新ご当地ラーメン決定戦( http://www.ramenbank.com/yamanotesen/ )に参加してるので、着席して課題麺を注文
店員さんは「キノコひとつ~」と厨房に注文を通していました
7~8分程で着丼

ラーメンバンクのサイトでは玉子焼きで麺が包まれている写真が載っていましたが
オペレーションが大変なのか、麺の上に薄焼きの玉子焼きが乗せられただけでした
その上にナルトと刻み海苔
薄焼き玉子が麺の乾燥を防ぐということですが
10分かからずに食べ終えるのに果たして必要なのかどうか?
ま、面白い提供の仕方ではありますよね
いままでこういうの見たことないし

玉子焼きをペロッと捲って麺とご対面
太い角断面、縮れありタイプ
ピカピカに光っていますね
お店の照明がスナック仕様だからかもw

ではさっそくいただきましょう
つけ汁はレギュラーメニューとして用意されている黒(醤油)がベースのようですね
中にはキノコ(しいたけ・シメジ・えのき・袋茸)が入っていて酸味がプラスされています
背脂が浮いていますが酸味の影響かそんなにコッテリしてません
別皿で白ゴマが用意されていますが、入れてもそんなに変わらないかも

麺はツルシコで美味しいです
でもつけ汁との絡みは若干弱いかも

薄焼きの玉子焼きはそのままだと味気無いのでつけ汁に投入して
最初は箸で食べやすい大きさに切りましたが、面倒臭いのですぐに全部投入しちゃいましたw

麺量は気持ち多め、成人男性なら十分お腹いっぱいになると思います
サラッと食べ終えたらスープ割りを注文
ポットでスープを持ってきてお椀に投入、ゴクゴクと飲み干してごちそうさまでした

レギュラーメニューなら最後にデザートが出てくるんですが
このメニューだと出てこないみたいですね…

さて、新ご当地ラーメン決定戦もこれでようやく10店舗達成
あと24店舗、来月末までに全部回れるのでしょうか…

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿