渡なべ

2013年3月22日

%東京都豊島区 50000 食レポ 50100 麺類




渡なべ@高田馬場
味玉らーめん 900円

早稲田に用事がありまして
早稲田と言っても都電荒川線の早稲田、東京なのにチンチン電車みたいな1両編成のローカル線に揺られて目的地へ
用事が済んだら神田川沿いを歩いて高田馬場駅に向かいました
川沿いは夜桜を見に来た人たちが多く、ここで一杯飲めたら良いのだけれど、と思ったり

で、テクテクと歩いて向かった先は渡なべ
19時半到着
高田馬場では泣く子も黙る有名店
にもかかわらず未食でした
ようやく訪麺できましたよ
早稲田通りから一本入った目立たない場所、外見は料亭みたいな趣です

引き戸を開けて店内へ
入口横で券売機とニラメッコ
ちょっとお高いですね
ちゃーしゅーめんにしようかと思いましたが1,100円なので躊躇し、味玉らーめんをポチッと

閉店間際だからか先客3名、すぐに座れて良かったです
食券を渡して着席
寡黙そうなお兄さんがオペレーション
麺をザルに入れて茹で始め、そのザルの上に丼を置きました
丼を温めるため、そこまではよく見かける光景です
が、その後に麺を茹でていないザルに味玉を入れました
ほほぅ、味玉も温めますか
これは初めて見ましたよ
味玉をお湯に入れたら味が抜けてしまうんじゃないか?とか余計な心配しましたが、それが出来るってことはしっかり味付してあるってことなんでしょうね

そんな作業を見ていたら完成して着丼
見た目は至ってシンプル、よくありがちな麺相です

まずはスープから
おぉ…
いままで何十、いや何百という数の魚介豚骨を食べ、食傷気味だったのは事実
しかしそんなことを忘れさせるようなスープがそこにはありました
少し粘度があり、濃厚なのに後味はスッキリ
魚介と豚骨が喧嘩してるものが多い中、見事なバランスで素晴らしい
この濃厚さ、下手をするとつけ麺のつけ汁に麺を入れただけのものになってしまいそうですが、きちんとラーメンとして仕上げてある…さすがです

麺は中細麺、スープとの絡みがとても良いですね
もう少し柔らかい方が好きだなぁ
次回は柔らかめに出来るか聞いてみよう

具は白髪ネギと輪切りの細い青ネギ、チャーシュー、味玉、シナチク
白髪ネギは細く切り過ぎなのか歯によく挟まりますw
チャーシューは厚みもあり柔らかくて美味しいのですが、まぁ1枚あれば十分かな?
ちゃーしゅーめんにしなくて良かったかも
味玉は温められたので中までシットリ、程よい半熟感
そして…シナチクですが
木炭みたいに太いのが3本!
うち1本はあまりにも太くて、裂けるチーズを食べるように手で裂きましたw
そうしないと食べられないんだもの…
インパクトはあるし、美味しいけど、この太さが必要なのかは素人の僕には分かりません

替玉も出来るようですが
小食ですからね、そのままスープを飲み干してフィニッシュ
全部飲んでもクドくないし喉も乾きません

麺や具はちょっと気になるとこがあったけど、全てを帳消しにしてくれるスープの完成度にはただただ感心いたしました

以上、レポっす

東京都新宿区高田馬場2-1-4