Subscribe: follow us in feedly

2013年8月16日金曜日

まぜそば052(麺 酒 やまの@練馬)



先日、練馬のらーめん大で台湾まぜそばを食べましたが( http://shintata0319.blogspot.jp/2013/06/blog-post_16.html
もしかしたらやまののまぜそば052の真似なのか?と気になりまして
気になったら食べ比べてみないとね、ということで訪麺

かなりの炎天下、しかも濃菜麺で食べた後ということもあり、店に着いたときには汗だく
でも美味しい麺が待っているかもしれない!という期待を胸に抱きます
店は地下になっていて、入口の前に券売機
目的のまぜそば052をポチッと
トロ豚まぜそばもかなり興味を惹かれたけれど、2杯目で食べ切れるか自信が無かったので自重
ちなみに、052というのは台湾ラーメン発祥である名古屋の市外局番、オーファイブツーと読むそうです

券売機を持って入店すると煮干の良い香りが
こちらのお店はこのまぜそばと煮干中華の2つがメイン、その他に定期的に限定麺をやっているようです
中は結構広くて20席くらいありますかね?
壁に向かったカウンター席に案内され、食券を渡すと
「追い飯も用意してますので是非!」
と元気よく提案される
基本的に米は食べないようにしてるので丁重にお断り

店内をいろいろ見ていると、まぜそばの食べ方が書いてあった
よく読んで待っていると程なくして着丼

らーめん大の台湾まぜそばと比べると具がシンプルですね
ていうか、らーめん大が多過ぎたのでしょう
こちらは麺の上にネギ、刻み海苔、ニラ、ニンニク、その上に挽肉、更にその上に卵黄
卵黄の上に少し粉が振り掛けられていますが…舐めるわけにもいかないので確認せずそのまま豪快に混ぜ混ぜ

では早速いただきましょう
麺は中太でツルモチ、しっかり混ぜたので具とよく絡んでいます
挽肉はやや辛めの味付け、少し痺れる感じがしたので山椒を使ってるみたいですね
でも卵黄でマイルドになってるので意外と大丈夫な辛さ
海苔、ニラ、ニンニクなども辛さに影響されず美味しく絡みます

半分食べたところでオススメ通り酢を入れてみます
酢は自家製らしく、容器の中に鰹節がいっぱい入っていました
入れ過ぎ注意と書かれていましたが、僕はスッパーなのでドバドバ投入
そして再度混ぜ混ぜ
お~~サッパリして美味しいですね
この味変はGood!
でも普通の人なら数滴垂らせば良いと思います

麺を食べ終えると、良く絡んでいたとはいえ挽肉が残ります
ここに追い飯したら美味しいんでしょうねぇ…
でも2杯目でお腹も苦しくなってきたので挽肉を拾えるだけ拾ってごちそうさま
店員さんに再度
「追い飯はいかがですか?」
と提案されるも再度丁重にお断り
店員さんゴメンナサイ

らーめん大の台湾まぜそばとはかなり違いましたが、とても美味しい1杯でした
名古屋で台湾まぜそばを食べたことはありませんが
きっとこれに近い味なのでしょう
いつか名古屋に行ったら再度食べ比べしてみたいですね

以上、レポっす

0 コメント:

コメントを投稿