2014/4/6 かけ(烈志笑魚油 麺香房 三く@大阪府大阪市福島区 大阪遠征17軒目 その1)

2014年4月6日

%大阪府大阪市福島区 50000 食レポ 50100 麺類









大阪遠征17軒目 その1

この店は行列ができるというのを聞いていたのでシャッター狙い
新福島駅に着いたらついに雨が降り出して
晴れ男パワーもこれまでか
仕方がないのでコンビニで傘を購入して店に向かいます
開店20分前に到着したら…既に8人待ち
寝坊しなければもっと早く来れたのに
そんなことを言ってもどうにもならないので後続します

開店時間になったら先頭の人から順々に入店
1人ずつ券売機で食券を購入して着席していきます

自分が食券を購入する番になり
さて、どれを食べよう
まずは基本メニューのかけを食べるべきだよな
でもあのつけ麺も食べてみたい
う~ん、悩む…

そのとき先輩から教わった格言(?)が頭に浮かびました
「悩んだら両方」
ピコーン☆
そうか、両方食べれば良いんだ!
ということで両方の食券を購入
ていうか、少食なのに食えるのか?

店員さんに食券を渡すと
「ありがとうございます!」
と元気な声、気持ち良いですね
どちらから食べるか聞かれたのでかけからお願いしました

先頭のお客さんから順々に提供していき
僕のは10分強で着丼

まずはスープから
煮干が優しく効いてますね
なんと穏やかな味わいなんでしょう

麺は中細縮れ麺
茹でるときのオペレーションを見ていたらしっかりと手揉みしていましたね
縮れているので啜り心地の良いこと!
そういえば大阪で縮れ麺はまだ見かけてなかったな
口から鼻へ煮干の香りが抜けていきます

具はチャーシュー、ほうれん草、シナチク、ネギ
チャーシューは肉厚なのに柔らかくて箸で切れそうなくらい

食べてる途中で「くすり」をいただきまして
紙に包まれた七味です
これ、普通の七味ではありません
なんと「やまつ辻田」の高級七味!
(とか言いながら、やまつ辻田を知らなかったんですけどねw)
パラパラと振り掛けると良い香りがします
少し混ぜていただくと気品のある味わいに

底から煮干が1匹出てきましたw
思わず店員さんに
「これ食べられるんですか?」
と聞いちゃいました
「どうぞどうぞ」
と言うのでパクり

ここまでこだわってると、もうラーメンという枠を超えてますね
これをレギュラーメニューとして普通に出してるってどういうこと?
しかも「かけ」って…w

何度もビックリしながらも、美味しくてペロリと完食
スープも飲み干したかったのですが
つけ麺が控えているので半分くらいでストップ
次をお願いします、と店員さんに伝えて待機しました

以上、レポっす


大阪府大阪市福島区福島2丁目6-5 AKパレス1F