大阪遠征20軒目

塩元帥を後にして
西中島南方駅を通り過ぎて時屋へ訪麺
平日は中休みがありますが土日は通し営業
アイドルタイムに伺ったので空席がありました

入店してすぐに券売機
こちらはつけ麺がウリのお店のようですね
豚つけと鶏つけがありましたが
左上の法則にならって豚つけをセレクト
着席して食券を渡します

ちょっと時間がかかったのか15分くらいで着丼
お腹が苦しかったのでちょうど良い休憩時間になりました

太麺は瑞々しく輝いていて、綺麗に盛り付けされています
スープに浸していざ実食

スープは豚骨魚介
またおま系かな?と予想していたら
魚介に頼らず豚の旨味を良く引き出していて
カエシも良い塩梅で食べ易い

が、いかんせんヌルい
そして麺は柔めでコシが無い
大阪は麺が柔めの店が多かったし、個人的には柔めが好きだけど
つけ麺でこの柔さはどうなんだろ?

少食だけど、無料だと言うので出汁ご飯もいただきました
残ったスープに入れるのではなく
残ったスープを入れて食べます
これは面白いアイデアですね

人気のある行列店と聞いていたけれど
これで人気があるとは思えない
きっとたまたま、今回だけのオペレーションミスだと思いたい
食べ歩いていたらこんなこともあるさ、と店を後にしました

以上、レポっす


大阪府大阪市淀川区西中島5-1-4