2015/04/23 麺や ようか

2015年4月23日

15208 新潟県小千谷市 50000 食レポ 50100 麺類







新潟遠征10軒目

悠久山公園の後
長岡系の某店に行ったら休み
何店舗か出しているお店の本店だから
きっと定休日は無いだろうと思い込んでた…
何度も遠征してるのになんでこんな凡ミスしてるんだろ

気を取り直して移動
そこから数分のところにある麺やようか
湯島の天神下大喜出身とのこと
某SNSで繋がっている新潟の人が常連さんのようで
よくラーpicをアップしてるんですよね
行きたいなぁとずっと思っていたのがやっと実現

敷地内に駐車場があるのでそこに車を停めて
なんか外観が資本系というかチェーン店というか
大箱の駐車場付き店舗ってこういう感じになっちゃうんですかね?

入店してすぐに券売機
修行店と同じくメニューが多いですね
左上の法則で鶏しおをセレクト

カウンター席とテーブル席がありますが
夕方のアイドルタイムだったのでそれほど混んでおらず
なのでゆったりできるテーブル席に座りました

店員さん3名、全員男性で年齢も近そう
誰が店主さんなのか、それともいないのか?
食事中のお客さん、来店されたお客さん、みなさんにハキハキとした接客をしていて気持ち良いですね
そんな様子を見ていたら着丼

まずはスープから
鶏の出汁がギューッと出ていて
そっと魚介が下支え
美味しいなぁ!
こっちは水が違うのかな?
鶏油のまろやかさも感じます

麺は細ストレート
全粒粉を混ぜ込んだ美しい麺
気持ち固めの茹で加減はこちらでは珍しい?
ていうか、新潟でこんな美味しい麺を出している店は他にあるのだろうか?

具は鶏チャーシュー、シナチク、味玉、白葱、カイワレ、鶏そぼろ、糸唐辛子
皮付きの鶏チャーシューのモッチリ具合は絶品
シナチクは味付け控えめで脇役に徹していて
白葱とカイワレは半分の量で良いかな
半身とはいえこの値段で味玉も乗せてるなんて出血大サービスですな

スープの端に入れられている鶏そぼろと
丼の縁に乗っている柚子胡椒
この2つによる味変で最後まで美味しくいただけます
ていうか、味変させる必要もないくらいの完成度ですけどね

修行店を感じさせながらオリジナルの部分も出していますね
この店は新潟のラーメンシーンを変えるんじゃないでしょうか?(上から目線

お腹に余裕があれば他のも食べてみたかったのだけれど…
少食だから仕方ない
次回の遠征時には是非再訪したいですね

以上、レポっす